サイトを公開した当初は、ほとんどアクセスは期待できません。なぜなら、サイトのURLを直接入力したり、会社名や店舗名で直接検索するのは関係者くらいだからです。

つまり、検索エンジンの順位を上げないとアクセスが増えず、結果として売り上げも上がりません。

そこで、最初に目指すべきところが、「自分のサイトの情報がインデックスされる」ことになるのです。

検索エンジンクには、クローラーというソフトウエアがあって、24時間絶え間なく、ネット空間を巡回探索しています。新しく作られたサイトを発見すると、その情報を収集していきます。

クローラーが収集したWEBページのデータは検索エンジンのデータベースが処理しやすいように整理された状態で格納されます。このことをインデックスと呼びます。

つまり新規に作ったあなたのサイトの情報が、GoogleやYahooのような検索エンジンのデータベースに格納(インデックス)されてないといけないのです。

サイトの情報をインデックス化させる方法のひとつにPing送信があります。
Ping送信とは、ブログやサイトの記事を更新したときに、「記事を更新しました」という情報をネット上のPingサーバーに送信することです。

検索エンジンは、これらPingサーバー上にあるデータを収集していくので、間接的にあなたのサイトの情報が検索エンジンのデータベースにインデックスされていくことになります。

Pingサーバーは複数あります。WordPressのデフォルト設定では一つしか登録されていません。そこで、「WordPress Codex日本語版」に記載してあるPingサーバーをコピーアンドペーストで追加します。

なお、Pingサーバーのリストに変更がある場合も考えられるので、たまにはPingサーバーに変更がないかを確認してください。

 

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena