Webサイトを長く運用していくと、ブログの投稿数や固定ページの数も自然に増えていきます。そうなってくると、リンク切れのチェックは面倒なものなります。

サイト内のリンクでも時間がない場合、リンクを貼った後にプレビューで確認する作業を怠ると、思わぬリンク切れを起こしていることに後日気づくことになります。

他の人が作ったサイトが非常に参考になるので、ユーザーに紹介する意味で外部リンクを貼った場合でも、後日サイト自体が閉鎖されていた場合はリンク切れになってしまいます。外部サイトの閉鎖はこまめにチェックしていないと気付きません。

リンク切れを起こしていると、検索エンジンからの評価も下がってしまうので、SEOの観点からも見過ごせません。かと言って、すべてのリンクをクリックして、チェックするのは面倒な作業です。

せっかくWordPressを使っているなら、リンク切れを自動検出してくれるプラグインがあるので、それを利用するのが効率的です。

「Broken Link checker」は同名のプラグインが2種類あります。今回は、より利用者数が多いほうが信頼性が高いと判断して解説しています。

単なるリンクだけではなく、画像がうまく表示されなくなった場合や、埋め込んだYoutube動画が表示されなくなった場合も検出してくれる優れもののプラグインです。「Broken Link checker」を使って、リンク切れの管理を行いましょう。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena