今回は、QRコードを生成するプラグイン「QR Redirector」を紹介します。QRコードの利用は、携帯電話(フューチャーフォン)の時代はかなりの数がありました。

しかし現在は、スマートフォンやタブレット経由のアクセスが急増しています。それでも、QRコードの活用事例は多くの業界であげることができます。そのような観点からも使い方次第では、有効なツールと言えます。

プラグインの有効化が済むと、管理画面左側のメニュー項目に「QR Redirects」の項目が自動的に追加されます。


QR Redirectsの2つの項目の概要は以下になります。

・QR Redirects
これまでに作成したQRコードの一覧ページに飛びます。QRコードのサイズを変更したい場合はこちらを選択します。

・Add QR Redirect
新規にQRコードを作成したい場合はこちらを選択します。


Add QR Redirectをクリック後の設定項目

・QRコードのタイトル名
・ホームページのURL
・Error Correction Level
・QRコードの大きさ

※「Error Correction Level」とは、QRコードが汚れたり、破損していると読み取りにくくなります。そのような場合でもQRコード自身でデータを修復する機能が備わっているのです。ここでは、その修復のレベル設定をします。各レベルは以下の通りです。
(1)L – recovery of up to 7% data loss(7%までの修復)
(2)M – recovery of up to 15% data loss(15%までの修復)
(3)Q – recovery of up to 25% data loss(25%までの修復)
(4)H – recovery of up to 30% data loss(30%までの修復)


QRコードの大きさは、1~30までのレベルで設定可能
Size:3  約100×100px
Size:4  約140×140px
Size:5  約170×170px
Size:6  約200×200px
よく使用されるサイズを基準に設定しましょう。

各種設定が完了したら、「完了」ボタンをクリックします。その後は、画面に表示されるショートコードを、コピーアンドペーストでQRコードを表示させたい場所に張り付けるだけで終わりです。

参考までにQRコードの活用事例を列挙します。
・イベントやセミナーでの入場管理
イベント参加者に入場口でスマホのQRコードを読み取りをしてもらうことで、チケットの代用にする。入場者管理の効率化になります。

・製造業における生産管理管理
部品ピッキングから出庫までの、各工程でQRコードを活用することで、間違いを防止します。
その他、多くの業界での沢山の活用例があります。「QR Redirector」を活用して、販促や業務管理に役立ててください。

 

 

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena